So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

クワガタのおはなし~いつも見てるよ(^^) [むしのおはなし]

先日、お友達のKさんからメールをいただきました。
その内容がとっても楽しいものだったので、Kさんにご了解を
いただけたのでご紹介させていただきます(^^)

Kさんご夫妻は、Mちゃんという17歳のわんちゃんを
とてもかわいがってくださっています。
このたび、お引越しをすることになったそうです。

以下はKさんからのメールの内容です。

======================

おととしの9月・・ベランダにスッポンの赤ちゃんが現れました。
家のすぐ横に川が流れているので鳥がくわえて運ぼうとして
落としたのだろう・・それしか考えられない。
主人と悩みつつ、亀などを扱っているペットショップ
連れて行ったところ日本スッポンとの事でした。
そして、翌日・・またしてもスッポンがベランダに現れたのです!

今年の夏・・今度は部屋の中で‘沢ガニ’発見!
なぜ部屋の中に??
鳥がくわえて・・ベランダに落とし・・知らぬ間に部屋の中に??
そして・・ナントまた翌日も・・部屋の中に沢ガニが!
主人が沢に?逃がしました。
なぜ、毎回2匹なのだろう?不思議です。

そして・・数日前、ベランダにクワガタ発見!
クワガタは自分で飛んでこれるので何の不思議もないのですが、
ちょっと弱っているように見えたので、バナナをあげました。
翌日、ベランダの別の場所にまだいたのでバナナを又あげたところ・・
家の中にいた私めがけて(そう見えました)ぐんぐんと、近付いてくるのです。
網戸を閉めて「家の中には入れてあげられないから、木のあるところに
行きなさい」と話し戸を閉めました。
しばらくするといなくなっていました。
クワガタは私がバナナをあげた事を分かったんだな~とおもいました(#^.^#)

クワガタさんと意思の疎通が通ったような気がして
千尋さんに聞いて欲しくなっちゃいました。

=========================

ベランダに謎のスッポン!?2日続けて室内に沢がに!?
そしてクワガタ!!
いきもの大好きな私はワクワクしてしまいました~(笑)

そこで謎を解明するべく!
(水曜スペシャルみたいなノリで♪(年齢ばれますね)
クワガタさんとおはなしをしてみました。

私のガイドさんが(守護霊みたいに守ってくれている存在です)が
「天狗のいたずら」と笑っていました。
特にアニマルコミュニケーションのときにサポートしてくれている
ガイドさんです。

そこで、クワガタさんに聞いてみました(笑)

ク「バナナをくれてありがとう。
  天狗さんがカラスを使ってつれてきたんだよ。
  (スッポンさんと沢がにさんのことです)

  このあたりを守っている天狗さん。
  よくお散歩していたよね。
  わんちゃんかわいがってくれたごほうびだよ。
  また会いに来てねって言ってたよ。

  このあたりの自然は、あなたとわんちゃんにとって
  とってもエネルギーがいいよ。
  三人(ご主人様とKさんとMちゃん)で
  また遊びに来てね。

  天狗さんからのメッセージ
  僕はそれを伝えるために二回いた。
  天狗さんのいたずらだよ。
  そして、カラスさんは天狗さんの使者だよ。
  川と森のあるここにまた遊びに来てね。」

私のガイドさんが「天狗は気まぐれな奴だが、いいやつらだ」
と言っていました。

そしてスッポンと沢がにが毎回二匹というのは、Kさんとご主人様
それぞれに・・という心遣いだったようです(笑)

以上でした(^^)

近くに川と沢があるみたいですが、どうやらそのあたりを
守っている天狗さんがカラスを使っていたずらなさったようです(笑)

Mちゃんをかわいがっていたご主人様とMさんを見ていて、
また遊びに来てね~と伝えたかったみたいですね。

天狗さんのいたずらは結構お茶目みたいです。
私の好きな桜井識子さんのブログの記事にもあったので
ご紹介しますね。

☆天狗のいたずら
https://ameblo.jp/holypurewhite/entry-12210234084.html

https://ameblo.jp/holypurewhite/entry-12180042715.html

今度、そちらにお散歩に行かれたら、見えないと思いますが
天狗さんに心の中でお礼をお伝えしていただけたら、喜んで
くださると思いますとKさんにお伝えしました。

Kさんに天狗さんのいたずらのことをお伝えすると、
「誰かが見ていてくれたとわかって嬉しいです。」と
お返事をいただけました。

Mちゃんのお世話は大変なこともあったそうですが、
Kさんご夫妻は一生懸命かわいがっていらっしゃいました。
天狗さんは、その姿をいつも見ていてくださったんでしょうね(^^)
今回、お引越しをすることになり、いつもの散歩道に
時々遊びにいらっしゃいとカラスの使者を送ったんだと思います。
お手紙の内容がスッポン、沢がに、最後はクワガタでしたが(笑)
私もそんな天狗さんが大好きになりました。

「お天道様が見ていてくださる」という言葉があります。
誰もみていない努力は、実はちゃんと誰かが見ていてくれる。
そんな気持ちにさせてくれたエピソードでした(^^)

Kさん、ご主人様とMちゃんとこれからもお幸せに!

どうもありがとうございました。

セッションのご感想をご紹介させていただきます。 [セッションのご感想]

2つのセッションのご感想をご紹介させていただきます。

☆トイプードルのR君とS君の飼い主のSさん


SさんはR君とS君の問題行動に悩まれていて、ずっと
ドッグトレーナーさんのもとでトレーニングに励んで
いらっしゃったそうです。
けれど、なかなか改善できずに悩んでいらっしゃいました。
ドッグトレーナーさんのお勧めもあって、R君とS君の気持ちを
聞いてみたいとご相談をいただきました。

=========================

セッションを受ける前は正直辛かったです。
しつけ教室の先生や犬にたづさわる方々の助言などを受けて
努力はしていたつもりでいましたが中々思うようにいかず
空回りしていました。
日に日に何かを伝えたいのではと思うようになりました。
先住犬のR君の不安な顔つき、吠え癖。
後犬のS君の自己防衛行動、噛みつき、夜な夜なの行動。
  
少しでも不安を取り除いてあげたいと思いました。
我が家に来てよかったと思ってほしいと・・・
  
相談してよかったと本当に思いました。
R君がなぜあんなにドッグランが嫌いだったのか、
S君との間に感じていた違和感の点と点が繋がったと感じました。
R君の思い、S君の思い悩みが聞けて今まで以上に
愛おしい存在になりました。 
  
      (トイプードルのR君とS君の飼い主 Sさんより)

======================

R君とS君の気持ちを受け止めてくださったSさんから、
ふたりとの関係がよくなってきましたとご連絡をいただき、
本当にうれしかったです。
Sさんが真摯にR君とS君に向き合ってくださったからだと
思います。
Sさんとご家族の皆様、R君とS君のお幸せを応援しています!
どうもありがとうございました。


☆チワワのY君とEちゃんの飼い主のFさん


YちゃんとEちゃんは、色々な病気を乗り越えながら
Fさんと頑張ってきたチワワさんです。
Fさんはとても細やかにY君とEちゃんにお世話をなさっていて、
いつもふたりの気持ちに寄り添ってあげたいと思ってくださっている
飼い主さんです。

=====================

セッションのきっかけは、Y君やEちゃんを知りたかったんです。
嫌がること、好きなこと、好きなもの、体のこと、色々、私が
2人にしていることをどう感じているのか知りたいと思いました。
特に医療の面で私の想いとY君やEちゃんの希望が違っていないか、
気になりました。
セッション受け、Y君とEちゃんの希望通りの生活させて
あげたいと思いました。

セッションにはとても感謝しています。Y君とEちゃんが私の側に
きてくれたことの意味を教えてくださり、それは私の生きる力に
なっています。とて強い力です。
特に今回のセッションで、私が出かけるときにY君が吠え、後追いすることが、
「いってらっしゃい、いってらっしゃい」と一生懸命言っていると教えて
くださったとき、ずっと抱えていた罪悪感が許されたように思いました。
それまで私はY君を置いて行くことに申し訳なさを感じ、吠えて後追いして
くるY君に謝罪の気持ちを抱いていました。それが本当は、私を送り出して
くれていたと聞いた時の広がった温かい気持ちは忘れないと思います。
一見、問題行動と見えることでも、そこにはY君とEちゃんの考えがあって、
私にメッセージを伝えてくれていたのだというのは、千尋さんにセッションを
お願いできたからこそ知れた真実だと思います。ありがとうございました。

            (チワワのY君とEちゃんの飼い主 Fさんより)

==========================

Y君とEちゃんの気持ちをお伝えできて、Fさんが安心して
お世話ができるようになって本当によかったです。
FさんとY君とEちゃんはお互いに大切に思っていらっしゃって
心があたたまりました。
高齢になってきたY君、頑張りやで思いやりがあるYちゃん、
これからもお元気でいてほしいです。

おはなしをさせていただき、どうもありがとうございました!




おはなしリクエスト第五段~カマキリのきっちゃんのおはなし [むしのおはなし]

おはなしリクエスト第五段「カマキリさんからのメッセージ」をお届けします。

Sさんのご自宅は、ご主人が植えた庭木や小さなお花がすくすくと
育っていて、まるで小さな森のようです。
(時々、お邪魔させていただいています。)
そこは野鳥や虫たちにとっても憩いの場で、様々ないきものたちが
訪れているそうです。

Sさんはお庭に訪れるカマキリやヤモリに親しみを感じているそうです。
窓辺に張り付いていてくれたり、木でのんびりしていたり・・
お庭にやってくるカマキリには、歴代「きっちゃん」という名前で
話しかけているそうです。

カマキリのきっちゃんへのおはなしをリクエストしていただきました。
Sさんがカマキリへの思いをお寄せくださったのでご紹介させて
いただきます。

==========================
進藤悦子様・カマキリの卵.jpg
平成15年6月1日Mちゃん家の庭で撮影しました。
孵化したばかりの、きっちゃんの仲間達の一人立ちです。
頑張っているけど可愛らしい、思わず「ガンバッテ~!」
って声かけたくなりました。…
写真はすべてSさん撮影のきっちゃんです(^^)

進藤悦子様・カマキリ巣立ち1.jpg

カマキリが卵から孵化したばかりだった時だと思うけど、
Mちゃん家の庭で(娘さんの御宅)「クモの子散らす」ってみたいに、
ものすごくたくさんのちっちゃなカマキリの赤ちゃん
一匹ずつになって、それぞれの別の何か目的地を目指して行くように、
木の幹や大きな石や高い塀や危険な川の側溝や建物の物陰を、
あれよあれよ、という間に早足で散らばって行って、みんな
居なくなってしまったのを、見ていた事がありました。

進藤悦子様・カマキリ巣立ち2.jpg

生まれたばかりみたいに想えたけど、見た目はカマキリみたいな
身体つきをしていて、家族もなく、たった一人でも、怖れもなく、
ただ何かに向かって、無我夢中で進んで行ってしまった
その勇ましい姿に、とても感動して仕舞いましたけど…

それと私は、いつもいろんなところで、たった一人だけでいる
きっちゃんにしか出逢った事がなくて、近くで一緒に居そうな
親や兄弟や友人や恋人らしき姿を見た事がないですね…

クモの子散らしたみたいな、たくさんのカマキリの赤ちゃんも
みんな一人だったし、まだカマキリの姿にちゃんとなっていない、
出来損ないみたいな、一人のきっちゃんにも何度か出逢っているし…

でも、我が家の庭ではまだ見つけた事がないけど、しっかりと
カマキリの誰かが産み着けた卵を、友人の家の庭で毎年、
友人と探すと木の枝に着いているのをいくつも見つける事が出来ます。

進藤悦子様・きっちゃん1.jpg

きっちゃんは何度も生まれ変わる事が出来て、私に逢いに
来てくれてると思うけど…
お父さん、お母さんがいなければ、きっちゃんは生まれて
来れるはずはないし…?
いつも一人でいるきっちゃんには、恋人は?奥さんは?
家族は? 友達は? 一人で寂しくないの?…
きっちゃんに聞いて欲しい事は本当はまだ有りますが、
また今度、聞ける機会があれば嬉しいです( ^∀^)
宜しくお願いします。      
                Sさんより

============================

進藤悦子様・きっちゃん2.jpg

今回は、Sさんのお宅に訪れる歴代のカマキリさん全体に
話しかけてみました。
そうしたら、オスのカマキリさんが返事をしてくれました。

(歴代のきっちゃんの中には、メスのカマキリさんもいたと
思います。)

カ「Sさんがいつも僕たちを見ていてくれて嬉しいよ。
  僕たちは、いつも一人で生きていくのが使命なんだ。
  それはね、狩人としての宿命。
  
  恋の季節のときだけ、オスとメスは出逢って、結婚して、
  オスはメスに食べられてしまう。

  それは、新しい命の栄養になって、心も魂もメスと
  一緒になって、命を生み出すエネルギーになるんだ。

  僕らは食べられることをいとわない。
  メスは本能で僕らを食べる
  
  そして、卵は冬を越して春を迎え、
  小さな命が野に去っていくんだ。
  もう、卵からの出発なんだ。

  一人で生きていくことは寂しくはない。
  この野で生きていくことは、自分の力を試すこと。
  たった一人で獲物を捕まえ、脱皮を繰り返し、
  一人前の大人になること。
  それは僕らの誇りなんだ。
  だから出逢いがなければ子孫を残せないこともある。
  そのまま死ぬこともある。

  それでも僕は何度も何度も脱皮を繰り返して大人になる。
  (なんと8回脱皮をするそうです。)
  それだけでもすごいことだし、僕らの兄弟の大半は
  食べられて死んでしまう。

  生き残ること 生き抜くこと。
  自分の人生に誇りを持つこと。
  そして、子孫を残すこと。

  Sさんも自分の人生に誇りを持ってね。
  僕らがその勇気を与えられたらいい。
  
  小さな僕たちを見たら応援してね。
  大人になった僕たちを見たら頑張ったねって言ってね。
  Sさんのこれからを応援しているよ!」

きっちゃんたちの中には、お母さんになったり、お父さんになったカマキリが
いたと思います。
そういったきっちゃんの中で、お父さんの立場からおはなししてくれました。

カマキリのメスは本能で交尾のときに、動いているオスを捕らえて
食べてしまうこと。
そして、そのオスの栄養が本当に卵の栄養になるという記事を見つけました。
ご紹介させていただきます。

☆カマキリの交尾後の共食い、卵の栄養に 視覚的に確認
AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3092179
こちらは、カマキリの生態を詳しくご紹介しているサイトさんです。
☆tenki.jpさんの「七十二候『蟷螂生(かまきりしょうず)』
のページです。
http://www.tenki.jp/suppl/usagida/2015/06/05/3951.html



Sさんにとっては衝撃のきっちゃんからのメッセージだったと思いますが・・・
ご感想をいただきました。

=========================
…ちひろさん、私の親(心)友で最愛の夫のちょうど一周忌の日に、
「きっちゃんからのメッセ-ジ」を伝えて下さってありがとうございました。
ですから、尚更に考え深く受け止めさせて頂きました。

メッセ-ジの内容は、小さなカマキリであっても、深くて
強い意味のあるものと感じ、大変に驚きました。
またきっちゃん達がいつも私との出逢いに、喜んでいて
くれたのが解って、嬉しく思いました。

きっちゃん達は生まれたばかりの時から、誰も頼らないで
ずっと一人きりで、余りにも酷な生き方をしてきて、
またそれを宿命として受け入れ、なおかつ勇気を出し
誇りに思って生き続けている事を知りました。
心に、真の強さがあるからだと思います。

きっちゃんが、周囲の自然界のあらゆる物に
溶け込んでいるかの様に、じ~ッとしている時は、
心の修行をしている時なんだと想います。
もしかしたら、「般若心経」を唱えながら心を
癒している時かも知れません?

或いは、きっちゃんの奥さんが、愛したきっちゃんの
生まれ変わりの新しい生命の誕生を、祈っている時
かも知れません。
そんな事をメッセ-ジから、想像しました。
きっちゃん達とは更に親密さが増したような
気がして嬉しいです。

私はきっちゃん達と、これからも幾多の出逢いがあって、
私の心優しい友人であったり、強くてたくましい、
人生の先輩、師として私を見守り応援して欲しい
なぁって思いました。

P.S.

千尋さんが主人が亡くなって直ぐに、小さな生き物たちが
私の心を癒し慰めてくれる様にと、工藤直子さんの詩・
保手浜 孝さんの画 絵本「版画のはらうた 1」を送ってくれました。

おれはかまきり かまきりりゅうじ

おう なつだぜ
おれは げんきだぜ
あまり ちかよるな
おれの こころもかまも
どきどきするほど
ひかってるぜ

おう あついぜ
おれはがんばるぜ
もえる ひをあびて
かまをふりかざすすがた
わくわくするほど
きまってるぜ

進藤悦子様・カマキリの詩.jpg

…かまきりりゅうじ君も誇りと勇気をもって、
頑張って生きてますね…素敵な絵本を本当に
ありがとうございました。主人の傍に
「いのち けやきだいさく」のページを開いて、
置いてあります。ずっと大切にします。

=====================

Sさんは、交尾中のカマキリのメスがオスを食べてしまうことに
びっくりなさったそうです。

カマキリは動いているものは本能的に狩りをしてしまうこと・・
そして、オスはそれをわかっていて、そうっと近づいて命がけで
交尾をしているんですね・・

オスのきっちゃんが、カマキリは狩人でたった一人で生きていく
と話してくれたことがよくわかりました。

Sさんもそういうきっちゃんたちのたくましさと勇気の
メッセージを受け止めてくださいました。

きっちゃんからメッセージをもらったとき、なんだかこれは
ご主人のご命日にお伝えしなくてはならない気持ちになりました。

メスのカマキリがオスの命を糧にして、次の世代を生み出していくこと・・
それはなんだか、天国にいらっしゃるご主人が、自分の分までSさんや
娘のMちゃん、Cちゃんご家族に元気に生きていってほしいとおっしゃって
いるように感じられました。
きっちゃんを通して、ご主人が大切なメッセージを届けてくださったような
気がしたからです。
Sさんにはそのメッセージが届いたのではないかと思いました。

進藤悦子様・きっちゃん3.jpg

きっちゃんは何度も生まれ変わって、Sさんに会いに来てくれると思います。

そして、ご主人も天国からSさんとご家族のみなさんのお幸せを応援して
くれていると思いました。

Sさん、きっちゃんとおはなしをさせていただき、どうもありがとうございました!

夏にわたってお届けしてきた「おはなしリクエスト」は今回で最終回です。
みなさんのおかげで、毎回楽しくおはなしさせていただきました。
嬉しい発見、驚きがたくさんありました!
そして、みなさんと生き物さんたちとの絆に感動しました。
ご協力いただきましたみなさん、本当にどうもありがとうございました!

また来年、おはなしリクエストを再開できたらと思っています。

おはなしリクエスト第四段~ヤモリさんとクマゼミのおはなし [は虫類のおはなし]

いつもわんちゃんのセッションをさせていただいている、
たらさんから、ヤモリさんのおはなしリクエストをいただきました。

たらさんは先代のわんちゃんたちと住んでいたご実家で、
よくヤモリさんを見かけていたそうです。
(現在はお引越しをされています。)

松本由美様・ヤモリ.jpg
以前、我が家に現れたちびちゃんヤモリの写真です。

そのヤモリさんへのご質問をいただきました。

「家にヤモリがいるとそのヤモリが家を守ってるいると
聞きましたが本当でしょうか?
ちなみに実家ではよく見かけたけど今の家では目撃した事ないです。」

ご実家の写真を見せていただいたのですが、石垣の上に
こんもりとしたキンモクセイや、みどりの木々に囲まれた
お庭の広そうな御宅でした。
ここならヤモリさんたちが住みやすそうだな~と思いました。

<ヤモリさんからのメッセージです>


ヤ「今もまだあのお家に住んでいるよ。
  石垣があって、壁を登ったり、木を登ったり、
  虫を食べて生きてる。」

私「たらさんの頃のヤモリさんが代々今も住んでいるの?」

ヤ「世代交代をして生きてる。たらさんのことも覚えている。」

私「先祖のヤモリさんの記憶を共有しているの?」

私は、現在住んでいるヤモリさんとお話しているかと思いました。

ヤ「今話しているのは、たらさんの頃のヤモリ。先祖のヤモリ。」

なんと、たらさんがお住まいだった頃の先祖ヤモリさんでした!

私「ありがとうね。」

ヤ「たらさんは、よく私たちを覗いてはにこ~っとしてた。
  女の子なのにトカゲが平気だったみたい。
  不思議で面白かった。
  小さい頃から虫が好きだったみたい。
  よくチョウとか見ていた。

  お庭はみどりがいっぱいで、虫や鳥がよく来ていたの。
  私たちはあそこで卵を産んで、子供を育てて、安心して
  子育てできた。
  たらさんは、よく私たちを見て喜んでくれてた。」

私「たらさんからの質問です。
  ヤモリは家を守っているんですか?」

ヤ「家と人とお庭全体のエネルギーを感じて守ってる。
  人と家というより、全体かな。
  そこ(その場所)をいとおしく思っている。
  時々、お嫁さんをもらったり、外に出たりもするけど、
  代々ずーっと住んでいることが多い。
  そこの環境が好きで、ずーっとずーっと石みたいに
  そこに居つづける。
  それが守り神みたいなのかもしれない。

  お家の人が変わっても、土地のエネルギーはそのままで、
  私たちはそこを守っている。
  その土地がいいものであるように、虫や鳥が訪れやすくて、
  よい環境であるように。

  今のこのお家もすごくいいよ。
  変わらずヤモリも住んでるよ。
  たらさんがいたときのまま、私たちの子孫も生きてるよ。

  歴史は変わらず守り続けるものでもある。

  私たちは、土地のエネルギーを守っている。
  そうしたらお家の人も健やかに生きる。
  土地の根っこを守っている感じ。
  だから家守って言われるのかな。」

私「小さな神社を守っているご眷属みたいだね。」

ヤ「そうだね。お家も小さな神社かもしれない。
  その土地がいつも清浄できれいであってほしい。
  人も土地もエネルギーも。」

私「人がそのエネルギーを応援できることはある?」

ヤ「心を明るく、きれいに生きること。
  健康であることかな。
  悲しいことより、明るいほうがずっといい。
  大変なことがあっても、エネルギーで、自分の力で、
  土地をうんと応援できると思う。
  自分の心とお家と家族を大切にすれば、私たちを 
  応援してくれることになるよ。」

私「どうもありがとう!」

ヤ「たらさん、今のお家と家族を大事にね!」

ヤモリさんからのメッセージは以上でした。
先祖のヤモリさんとおはなしできてびっくりしました!
ヤモリさんはお家だけではなく、そこに住むご家族や人、
お庭に来る虫や鳥など、環境全部がよいものであるように
守ってくれていたんですね(^^)

<たらさんからメッセージのご感想をいただきました。>


「いつも愛犬のセッションでお世話になっている千尋さんに、
今回はヤモリさんとおはなししてもらえると聞いて楽しみにしていました。
おはなししてくれたのは私が懐かしいあの家に住んでいた時の
ヤモリさんと聞き感激しました!
ヤモリさんのおはなしの通り、小さいころから虫が好きでした。
トカゲを触ったりもしていました。
そして、家の庭に飛んでくるモンシロチョウやモンキチョウ、
アゲハ蝶やちょっと珍しいクロアゲハを見るのがとても好きだったんです。
ヤモリさん、どうしてそんなこと知ってるのかな?
ヤモリさんってすごい!

嫌なことがあっても家に帰ると不思議と落ち着ける温かい場所・・
あの家はまさにそんな存在でした。
私が大好きだったあの場所で、今もヤモリさんが代々生き続けてくれている。
ヤモリさんが家だけではなく土地全体を守ってくれているのだと
聞きとても嬉しく思いました。
そしてヤモリさんから素敵なメッセージもらえました。

「心を明るくきれいに生きること・・家と家族を大切に」
シンプルだけど、とても心に響くメッセージでした。
自然は繋がっている・・人は自然の中で生かされている。
奢ることなく今を大切に生きていこうと改めて感じさせてくれたヤモリさん。
もうあの土地に戻ることはないけれど、愛してやまないあの場所を
これからもよろしくお願いしますとヤモリさんに言いなぁ・・と心から思います。
ヤモリさん、ありがとう。」

たらさんからご感想をいただいて、私もなぜヤモリさんが
たらさんの子供の頃のことを知っていたのかなあ・・と
思いました。
そこで、もう一度、ヤモリさんとおはなししてみました。

<ヤモリさんからのメッセージ②>


私「どうしてたらさんの子供の頃を知っていたの?」

ヤ「たらさんを見ていたらわかるよ。
  大人になってもすごくキラキラした目で私たちを
  見ていてくれた。
  それがとても嬉しかったんだ。
  子供の頃からずっと生き物が好きな人だと思った。
  だからとても嬉しかったんだ。
  これからもその心を失わないでね。」

ヤモリさんを初め、どうぶつ達はその人がどんな方かを
おはなしの前から知っていることがよくありました。
私の場合、飼い主さんからのご質問を聞く前から返事を
くれることがあります。

そこで、ヤモリさんに聞いてみました。

私「ヤモリさんやどうぶつ達は、相手の人のことが
  すぐわかるの?」

ヤ「その人を見ればどんな人かわかるよ。
  生い立ち、性格、考え方。
  私たちを好きかどうかも。
  エネルギーを感じるよ。色でも感じる。
  たらさんは深緑色。
  昔からどうぶつが好きな人の色。
  黄色の人は明るくて優しい。
  青い人は落ち着いている。
  だから、その人の背景がわかる。

  エネルギーを読んで私たちは生きてる。  
  相手との相性や、結婚して子供をもうけるとか。
  言葉以上に大事な存在、エネルギー。
  だから耳を澄まして(心澄ましての意味です。)
  その人に集中してね。」

ヤモリさんをはじめ、動物たちは、人間に限らず、生き物同士の
エネルギーを感じて、自分との相性を感じたりしていたんですね。
野生ではそれが結婚相手を選ぶことにつながっていて・・・
あたらめて、動物ってすごい!と思いました。

たらさんとは、「セミっていつ、どこに産卵しているんでしょうね~?」と
おはなししていて、セミについても聞いてみることにしました。

2017720クマゼミ羽化8.JPG
羽化したてのクマゼミ

<クマゼミのおはなし>


セミがいつ産卵しているかをお隣さんと我が家の境で
羽化するクマゼミの幼虫に聞いてみました。

セ「夜中に羽化してるよ。幼虫は7年地中で育つんだ。
  交尾は昼間にして、産卵は夕方、日が暮れる頃、
  夕闇の中行う。
  地中近くの幹にとまって、おしりの管を中にさして、
  卵を産むんだ。
  
  その姿は見つかってはいけないから、ほとんどひと目に
  触れないようにしている。
  だから見つからなくて正解だよ。

  孵化した幼虫は地中深くにもぐって、根にたどりついて
  そこで過ごす。
  その間に地面がコンクリで埋まったり、木がなくなったり、
  私たちも本当に大変。| だけど、がんばるよ。
  
  庭木を残して大切に育ててくれたら嬉しい。
  どんなに小さな木でも、そこにセミが育ってるかもしれないから
  大切に育ててね。」

私「どうもありがとう。」

セミの産卵についての参考になるサイト様をご紹介させていただきます。
セッションの後に調べてみて、いくつかわかったことがありました。

☆セミの千恵袋 セミの卵はどうやって産みつけられる?
http://xn--1ckvd.xyz/archives/66



メスのセミは生木ではなく、乾いた木や樹皮の裏に卵を産んでいたんですね。
私も知らなかったです。
お隣さんの木に産卵したセミは、地表近くの幹に生みつけたと言っていました。
そして、その木は背丈が小さな木なので、こんなに小さな木でも
立派にセミが育つんだな~と感心しました(^^)

このことをたらさんにお伝えしたら、とても喜んでいただけました。

<たらさんからのご感想②です>


「ヤモリさんの件ですが・・
私は確かに小さいころからとても動物好きでした。
最初に飼ったのが金魚ちゃんです。
小学校2~3年時は虫取りにも行きました。
それから、アメリカザリガニ、トノサマガエル、
くわがた、カブトムシ、ミドリガメ、
彼らは一軒家に引っ越す前に飼っていた動物さんで
その後、犬、文鳥、セキセイインコ、カブトムシの幼虫、
リス、ウサギ・・が家にいました。

これだけの動物さんと一緒にいたんだから、
かなりの動物好きということになりますよね。
それにたしかに私はヤモリさんに出会うと、
わぁ~といった嬉しい表情で彼らを見ていましたよ。

それをヤモリさんが知っていたとは・・エネルギーで
わかるなんて凄すぎます。
どうぶつさんは不思議な能力を持ってるんですね。
つい最近、主人保護犬カフェに行ったんです。
そこはカフェ兼わんにゃんの里親探しをしている
ところなんですが、主人より私の方にワンちゃんが
近づいてくるんですよね・・
それって人のエネルギーを感じてのことなのかなと
ふっと思いました。
そしてまたもヤモリさんに素敵なメッセージを
もらえて嬉しいです。
心を澄ますなんてできるかな?

セミの事も聞いて下さりありがとうございます。
こっそり産卵していたとは・・気付かなくてよかったのですね。
最近はツクツクボウシが鳴き始めたので、夏も終わりなのかな
と・・感じています。
千尋さんが紹介してくれた蝉のサイト、少し見ました。
時間のある時に、ゆっくりと見ますね。

今回やもりさんのセッションをしてもらって、
なおかつ蝉のおはなしなど、、色々と想像していると
ウキウキして心躍ってきます。
スズメバチなどはやはり怖いので苦手だけど、
改めて自然を大切にしたい人間は自然と共存
していくことがとても大切なのだと感じました。

本当にありがとうございました。

これからもにじのえほん、楽しみにしています!」

======================

私もヤモリさんやクマゼミさんとおはなしして、知らなかったことを
色々発見できました。
たらさんのおかげです。
たらさんがいつも優しい瞳でいきものたちを見つめてくれていたことを、
ヤモリさんは嬉しく思っていてくれたのだと思います。

私も、たらさんのようなワクワクする子供のような素直な心で、
動物たちとおはなししていきたいと思いました。

たらさん、本当にどうもありがとうございました!

追記:おはなしリクエストの募集は締め切らせていただきました。
   どうもありがとうございました!

新月と皆既月食の日 [日々おもうこと]

今日は日本時間では新月、アメリカ時間では皆既月食が
重なった日になりましたね。


Solar Eclipse - November 13, 2012 / NASA Goddard Photo and Video

おかりした写真です。

朝からものすごく寝ぼけまなこで起床して、なんだかぼわ~んと
ふわふわした気持ちいい時間を過ごしています。
たとえて言うなら、温泉に入ったあとのほかほかほんわりした
幸せ~な気持ちと心地いい眠気が続いている感じでしょうか(^^)

我が家の犬も猫たちも、いつもよりゆったりしていて、昼間から
よく眠っています(笑)

同時に集中力に欠けてぼんやりもしているので、ちょっとした
失敗も多いです(^^;)
家族には、今日は車の運転や仕事のケアレスミスに気をつけてねと
伝えました。

普段の新月や満月では、そう影響を受けない私なのですが、
新月と皆既日食の影響が重なるとこんなふうになるんだ~と
新鮮な思いをしています。

こちらのサイトさんがわかりやすかったのでご紹介させていただきます。

☆MOON CYCLEさんの「8月22日(火)の月が、あなたに及ぼす影響」
http://moon-cycle.net/journal/2017-8-22

どうやら、新月というのは心と体にとって「浄化、デトックス」という
いい影響があるようです。
ですから、眠たかったり、ちょっとぼんやりしたり、体を休めたり・・・
リラックスするのにちょうどいいときなのかもしれません。

くわえて皆既日食という宇宙的なことが重なって、浄化のパワーが
促進されているような気がします(^^)
これは、6年前に体験した皆既月食のときに近い感覚ですが、今日のほうが
もっと優しくてあたたかな感じがしています。
私は今回のほうが好きです。

このときの日記がこちらです。

☆月のひかり 銀の雨
http://nijino-ehon.blog.so-net.ne.jp/2011-12-11

私の好きな月の詩です。
特に二節目が好きなので、引用させていただきます。

======================

月のひかり      金子みずず

月のひかりはみつけます、
暗いさみしいうら町を。

いそいでさっととびこんで、
そこのまずしいみなしごが、
おどろいて眼をあげたとき、
その眼のなかにもはいります。

  ちっともいたくないように、
  そして、そこらのあばら屋が、
  銀の、ごてんにみえるよに。

子どもはやがてねむっても、
月のひかりは夜あけまで、
しずかにそこに侘ってます。

  こわれ荷ぐるま、やぶれがさ、
  一本はえた草にまで、
  かわらぬ影をやりながら


          ~金子みずず童話集「このみちをゆこうよ」より

=========================

ぎんいろのしずかな月のひかりが、やさしくあたりを包み、
そっと私たちを癒してくれている、そんな詩です。

今日も月のひかりは、見えない力で私たちを癒してくれて
いるのでしょうね。

私たちは、自然や宇宙とつながって生きている。

今日は心も体も無理をせず、ゆったり大切にお過ごしください♪

追記:我が家の猫のちびこさん(糖尿病)ですが、7月からインシュリンが  
   必要なくなって、3カ月おきに定期健診をうけるだけで
   よくなりました!
   ご心配、応援をしてくださったみなさん、本当にどうも
   ありがとうございます(^^)

セッションのご感想をご紹介させていただきます。 [セッションのご感想]

新しくお寄せいただいたセッションのご感想をご紹介
させていただきます。

外国のヤモリさんとお暮らしの水玉オレンジさんから
ご相談をいただきました。
ヤモリさんが最近、気性が荒くなったことで、気持ちや
体調を聞いてあげたいというご相談でした。

今まで、日本の野生のヤモリやヘビ、トカゲとおはなしたり、
ご相談では外国のリクガメさん、日本のヌマガメさんと
おはなしさせていただいたことがありました。
外国のヤモリさんとは初めてだったので、ワクワクドキドキの
セッションでした。

水玉オレンジさんは、外国のヤモリさんの生態や生活環境など、
私からの質問にご丁寧に答えてくださいました。
事前にこうして教えていただけたことで、私もヤモリさんへの
気持ちがぐっと近くなれたようで、とても嬉しかったです。

セッションのご感想です。

===============================

気性が荒くなり、病気なのか、何か気に入らないことがあるのか
さっぱりわからなくなりお願いしました。
希望をしっかり聞いて、寄り添ってあげたいと思っていました。

野生の虫やカエルなどに注目して、メッセージを聞いている
「にじのえほん」のサイトが好きです。
自分でアニマルコミュニケーションの世界をある程度理解し、
いくつか経験した中で、動物に区別のある心を持っている場合は
適切なメッセージは受け取れないのではないか、と思うようになり
一般的には怖がられるような爬虫類やゴキブリも、一つの大切な命
として接している姿勢に魅力を感じました。

千尋さんのセッションを受けて、千尋さんご自身がおしゃべりが
大好きで楽しんでいらっしゃること。
それが、私も大切な子も楽しくセッションを受けさせていただけた
時間となりました。
柔軟な心で、明るく、楽しく、そして必要なことはきちんと
聞いていただけてよかったです。

            (外国のヤモリさん 水玉オレンジ様)

=============================

セッションはとても楽しいものになり、ヤモリさんならではの生態や
考え方を知ることが出来て、本当に勉強になりました。
おはなしさせていただかないとわからないことばかりで、
ひとつひとつのセッションはLIVEなんだ!と
心から実感できたひとときでした。

そして、外国のヤモリさんたちのことが大好きになりました!

貴重な出会いをいただけたことに心から感謝しています。

水玉オレンジさん、ヤモリさん、本当にどうもありがとうございました!



天国のどうぶつのおはなし会を開催しました。 [にじのえほんのおはなし会]

ご家族やご親戚のみなさんとお盆をゆっくり過ごされましたか?

15801c-2.JPG

我が家には帰省してくる親戚はいなかったのですが、
迎え火を焚いた夕方、一昨年に亡くなった愛犬ココア
帰ってきました(^^)
台所で後片付けをしていたら、ココアがにこにこしながら
通ったのが見えて、よく見たら黒猫のクーでした。
ココアに「帰ってきたの?」と聞いてみたら
「迎え火にあわせて帰ってきたよ~♪」とのことです。
クーにちょっと体をかりて、私にはっきり見せてくれたそうです(^^)
クッキーのことを「いい犬だね」と褒めてくれました。

お盆は彼岸と此岸の距離が近くなるとき。
みなさんの天国の動物さんたちも里帰りをしてくれているかもしれません。

先月のご報告になりますが、7月22日(土)に天国のどうぶつの
おはなし会を開催しました。
初めての試みだったので、セッションをうけてくださったお近くの方に
お声をおかけしました。
あっという間に定員になって、本当にありがたかったです。

天国に動物さんがいるご家族のみなさんとご一緒に、思い出を語り合ったり、
それぞれおひとつずつアニマルコミュニケーションの質問にお答えして、
その内容をみなさんで分かち合ってみようという会です。

いつもセッションをうけてくださっている公民館を午後からかりて
開催しました。
参加してくださったみなさんは、ダックスさんの飼い主のK様ご夫妻と
シェパードさんの飼い主のロンママ様、犬さんと猫さんの飼い主のN様、
ダックスさんとインコさんの飼い主のM様です。

みなさんにそれぞれの動物さんの思い出のアルバムをご持参いただいて、
15分くらい動物さんのご紹介や思い出をおはなししていただきました。
アルバムを覗き込んで、楽しくおしゃべりしたり、天国に旅立つときの
おはなしには、お互いの気持ちを思って涙したりしました。

N様は動物さんが旅立つとき、「思い出のアルバム」という歌を
歌ってあげるのだそうです。
幸せだった思い出が走馬灯にように駆け抜けていって、天国への
道がお花畑に見えて、とても嬉しかったと猫さんがおはなししてくれました(^^)

お一人の方のおはなしが終わった後、その子に聞いてみたいひとつの
メッセージを動物さんにお伺いしてお伝えしました。
どのメッセージも、今は天国で元気にしていること、そしていつも
ご家族のみなさんの幸せを願ってくれていました。
今の生活のことをちゃんと見てくれていて、ご家族のご健康やお仕事、ボランティア
活動のアドバイスをしてくれた子もいました。
今も一緒に生きてくれているんだな~と感じられるひとときでした。

みなさん、大切な家族をお見送りした経験があるからこそ、それぞれの
体験に共感できて、あたたかい時間をご一緒することができました。

ご参加いただいたみなさんからのご感想です。

==========================

皆様の動物に寄せる熱い思いのお話を聞いていて感動しました。
動物に対する命の尊さを思っていることを感じました。
共通の思いを持っている皆様とお会いでき、嬉しかったです。
          (ダックスさんとインコさんの飼い主 M様)

飼い主をやはり細かく見てくれているんだなと思いました。
亡くなった後もこうして見守られていることを知ると、
繋がりを強く意識します。
夫の工場をきれいにする様子をほめてくれたときは嬉しかったです。
私も二人三脚で支えていこうと思いを強くしました。
「最期」の迎え方でとても参考になりました。Nさんの歌で見送る
という方法、とても画期的です。次は私もやってみたいと思いました。
Kさんのご主人が参加してくださり、この会がぐっと拡がりを持ったと
感じました。
私も子供にロンの最期を会わせない選択でしたが、見せて「もうあんな
可哀想な事は見たくない!」と感じる子がいたかもしれないので、
今後の宿題の一つにしました。
私は先日、今の子(柴犬さんです)とアイコンタクトがばっちりとれたとき、
心から犬を飼う愉しみを見つけました。
その体験は、死別のときとは次元の違うもの。
先入観にとらわれず、育てていきたいと願っています。
            (シェパードのロン君の飼い主 ロンママ様)

いつも気持ちの中にはありましたが、口に出したことは少なかったので、
貴重な機会をいただきました。
実際に動物がそばにいるような心温まる会でした。
            (ダックスさんの飼い主 K様)

今でもそばで見守ってくれていることが嬉しかった。
毎回教わることが多く、心に響く言葉で、他の誰かに言われるよりも
素直に受け入れることができる。
私が成長するために欠かせない存在だと思う。
どの動物のお話もとても興味深く、ずっと飼い主を支え続けている
事に感動した。亡くなった事はとても悲しい事だけど、みんなで
話すことによって、癒され救われると感じた。
           (ダックスさんの飼い主 ユユ様)

楽しかったこと、悲しかったこと、最期のお別れの時の事、
色々と思い出されました。
お別れの時、歌った歌を覚えていたことにすごくびっくりです。
こんなに嬉しいことはないですね。おはなししていただいて、
ほんとうによかったです。
他の方のおはなしを聞かせていただいて、さようならしなくては
ならない事の悲しさ、みなさん一緒で、乗り越えるのは大変なんだと
思いました。
そして、皆様で語りあうことで、乗り越えられるように思いました。
             (犬さんと猫さんの飼い主 N様)

今までは一つ一つのセッションを一対一でさせていただき、
みなさんでお気持ちや小さなメッセージを分かち合うことは
ありませんでした。
初めての試みで緊張しましたが、思った以上に喜んでいただけて、
終わった後のみなさんの笑顔が素敵でした!
心がほかほかあったかく、幸せいっぱいの気持ちになりました。
天国の動物さんたちも喜んでいてくれたと思います(^^)
ご参加していただいたみなさん、本当にどうもありがとうございました!

これからも時々、天国いる動物さん、今一緒にお暮らしの動物さん、
そして自然の動物さんなど、いろんなおはなし会を開催していけたらと思います。
そのときは、こちらでお知らせさせていただきます。
ぜひ、ご参加なさってみてください(^^)
お待ちしています。










初めてのセッションのお申し込みについてです。 [お知らせ]

はじめておはなしをさせていただく動物さんの場合、飼い主様に
お伝えしたい気持ちがたくさんある子が多いです。
30分では思いがあふれていて、お伝えしきれないかも・・と感じる
ことが多くなりました。

大変申し訳ありませんが、初めてのセッションの場合は45分からの
セッションでのお申し込みをお願いいたします。
その分、十分動物さんからの大切なメッセージをお届けできるように頑張ります! 
ご理解をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

メールでのフォローセッションのお知らせ [お知らせ]

一度セッションをお受けしてくださった飼い主様向けに、メールでの
フォローセッションをお受けいたします。
1~2つほどの質問を聞いてみたい、お時間を急がないゆっくりの
お返事でも大丈夫という方はお気軽にお申し込みください。
お返事には3~7日ほどいただきます。
お忙しいときや、セッションのご予約をするほどではないけれど、ちょっと
した心配事、不思議に思うことを聞いてみたいというときにむいています。
急を要する内容、深刻な問題についてのご相談は、大変申し訳ありませんが、
電話かスカイプセッションのお申し込みをお願いいたします。
また、天国の動物さんへのご質問も大丈夫です(^^)

セッション料金は、A4サイズ1枚の文章量で1700円なります。
おはなしした文章量で計算をして、後からお知らせさせていただきます。

下記のセッションご予約のフォームから「メールフォローセッション」
でお申し込みをお願いいたします。

★お申し込みはこちらです。

<お申し込みフォーム>
http://form1.fc2.com/form/?id=658692

2017年夏の昆虫観察日記① [むしのおはなし]

暑中お見舞い申し上げます。

ヒトもお家の動物達も暑い~暑い~を連発ですが・・・
夏の虫たちはとっても元気!!
この季節は出会いが目白押しです(^^)
虫の写真がたまってきたので、ここでご紹介させて
いただきます♪

20170707クモの巣.JPG
7月7日 早朝はクモの巣に水滴がたまってレースのように綺麗です。

20170707クモの巣2.JPG
アップにするとこんな感じです。

201707クモの巣4.JPG
お茶畑には点々とクモのレースが広がっています。

2017711ニイニイゼミ1.JPG
7月11日 玄関先にニイニイゼミ

2017712カナヘビ2.JPG
2017712カナヘビ6.JPG
7月12日 おはなしリクエストの写真になったもらったカナヘビさんです。

2017715ワラジムシ4.JPG
7月15日 早朝の海岸でワラジムシに会いました。
     北海道ではダンゴムシよりワラジムシをよく見かけます。
     久々に会えて嬉かったです(^^)

RIMG0015.JPG
この日は日の出とともに主人とクッキーと朝釣りに出かけました。
クッキーは海でおおはしゃぎ(^^)

2017718カタツムリ1.JPG
2017718カタツムリ2.JPG
7月18日 大きなカタツムリ!このくらいの大きさには
     なかなか会えなくなりました。

2017720クマゼミ羽化1.JPG
2017720クマゼミ羽化2.JPG
2017720クマゼミ羽化3.JPG
7月20日の夜 夜のトイレの後、クッキーが見つけました。
       クマゼミの羽化です。主人が懐中電灯で照らし、そう~っと
       撮影しました。
       朝になると、幼虫の抜け殻ごといなくなっていたので、
       残念ながら鳥に食べられてしまったようです・・

2017720クマゼミ羽化6.JPG
7月21日の早朝5時ごろ 違う場所でクマゼミの羽化発見!

2017720クマゼミ羽化8.JPG
2017720クマゼミ羽化9.JPG
7時ごろの様子です。体の色が濃くなって、羽がしっかりしてきました。
この30分後、元気に飛び立っていきました!

2017720ユタカヤマシログモ.JPG
7月21日 ユタカヤマシログモ

2017723アブラゼミ.JPG
7月23日 道路にひっくり返ってぶんぶんしていたニイニイゼミ(^^;)
     木にくっつけてあげたらほっとしています。

2017723かぶとむし1.JPG
同じ日、アブラゼミを助けたあと、
高速で道路を渡っているカブトムシと遭遇(^^;)
あまりの速さに写真がブレブレです。

2017723かぶとむし2.JPG
ブレブレですが、木に止まらせてあげました。
数日後、メスのカブトムシが轢かれて死んでいました(悲)

2017801くまんばち5.JPG
2017801くまんばち6.JPG
そして今朝・・・我が家のベランダの軒下にせっせと穴をあける
くまんばち(^^;)
数日前から偵察に来ていて、穴を開けて巣を作ろうとしています。
主人「さすがにココに穴をあけられたらなあ・・(困)」
そこで、天然忌避剤の虫除けをスプレーしてご退場願いました(すみませぬ)
くまんばちが戻ってきてくれたらなあ・・と思い、だめもとで
丸い穴があいた釣竿を切ったものを二本結わえて、軒先につるしてみました。
戻ってきてくれたらご報告しますね(^^;)

以上、今日までの夏の昆虫観察日記でした♪

前の10件 | -